専業主婦が利用できるのは総量規制対象外に限られます

カードローンは非常に便利な商品ですが、借金をすることには違いありませんので、利用にあたっては必ず審査を受ける必要があります。審査では収入や勤務形態、他社からの借入総額などが問われ、場合によってはキャッシングができないこともあります。
そこで問題となるのが収入のない専業主婦です。専業主婦といえどもお金が必要になることは当然あります。しかし消費者金融は貸金業法の総量規制により、収入のない人は利用することができません。しかし全く道が閉ざされているわけではありません。総量規制対象外の金融機関、つまり銀行なら専業主婦でもカードローンを利用することができるのです。
銀行といえば金利も安く、信頼感も抜群です。一円でも安くお金を借りたい人には、うってつけでしょう。しかも最近は即日融資が可能など、顧客にとって魅力的な利便性も兼ね備えています。ただし実際に収入がない人がカードローンを利用するためには、配偶者の同意が必要になることが多くあります。配偶者の収入や勤務形態などが与信の対象になるため、配偶者に内緒にしたままで借り入れを行うのは困難でしょう。したがってもし利用するのであれば、事前に配偶者とよく相談してからにしたほうが無難です。
なお実際に融資が実現される場合でも、借入限度額は低めに設定されるのが一般的です。希望額に満たない可能性もありますが、収入が全くない人がお金を借りることを考えれば仕方のないことと言えます。