総量規制対象外で在籍確認なしのカードローンはあるのか

総量規制対象外のカードローンは、銀行や信用金庫等のローンとなります。消費者金融や信販会社は、貸金業に登録されていますので、貸金業法による総量規制の対象となり、収入の3分の1以内の借入しかできません。しかし、事前に連絡をしないと断言されているものであれば、在籍確認なしで申し込めることがあります。また、社外から個人あての電話を取り次がない企業に勤務している等の事情があり、在籍確認が難しい方でも、コールセンターに電話して対処してもらえることがあります。身分証明書と多額の限度額を望む場合は所得証明書が必要ですが、それ以外に、社名入りの健康保険証や、直近の給与明細2〜3ヶ月分を提出して、在籍確認の代替書類となることがあります。
総量規制対象外の銀行等のカードローンでも、在籍確認なしにしてもらえることがあります。ただし、一部の金融機関だけですので、ほとんどの場合は審査の一環として在籍確認が行われると考えた方が良さそうです。希望額をかなり低めの額に申請したり、信用情報に借入の残高が全くないか、終了している場合、クレジットカード等の返済記録で、遅延や延滞等がほとんどない場合については、信用度が高く、在籍確認が行われないことがあります。
専業主婦の場合は、配偶者に内緒で融資を受けられるように配慮されていれば、勤務先がないので在籍確認がありません。自身が連絡先に指定した番号に、融資の申し込みの確認する電話が入ります。