年収に左右されずにキャッシングするコツ

総量規制は貸金業法に記されている規制のことで、返済能力に見合う額までの借入れに制限をすることによって、返済ができなくなってしまう人を出さないようにと考えられ、2010年から施行されています。
 
総量規制では個人が借入れできる金額は、借入れをする人の年収の1/3までとなっています。
貸金業者からの借入れ総額が年収の1/3までとなるため、新たに借入れをする場合は、現在の借入れ額がいくらなのかを審査の過程で予め調べられることになります。
また、1社で50万円を超える借入れをする場合や複数社合わせた借入れ総額が100万円を超える借入れとなる場合は、収入証明書などの提出をしなければならないという決まりも記されています。
 
これらの決まりが適用されないカードローンが、総量規制対象外のカードローンとなります。

消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど、貸金業者については貸金業法が適用されます。
しかし金融機関の中でも銀行は銀行法という独自の法律に基づいて運営されているため、貸金業法は適用されません。
そのため銀行での借入れ、銀行カードローンの利用については総量規制の対象外となります。
年収に関係なく借りれる
総量規制対象外のカードローンは借入れできる額についての規制がないということになるため、借入れする人自身に収入がなくても借りられます。
そのため、専業主婦など自身に収入がなく、配偶者の収入で暮らしている人も銀行カードローンであれば借入れができるため、総量規制対象外のカードローンを選ぶべき人ということになります。
 
収入の額に関わらず借入れができるという点では、パートやアルバイトなど収入が少ない人も、総量規制の対象になるカードローンを選ぶより銀行カードローンで借入れする方が理論上は借入れできる額が大きい可能性はありますが、収入が少なければ確実に返済できる額も少額となるため借入れ限度額も少額となり、多額は借り入れることが難しいので注意が必要です。
また、例えば借入れ限度額を200万円にしたい人の場合、総量規制の対象となる消費者金融などでは収入証明書が必要になる額となりますが、総量規制対象外である銀行カードローンでは収入証明書が不要になる場合があるため、証明書を準備する必要がなく周囲にバレずに借入れができる可能性があります。
そのため多額の借入れをしたいけれど周囲にバレたくないという人は総量規制対象外のカードローンを選ぶべき人と言えますが、多額を借りるためにはそれに見合った返済能力も必要とされ、審査に通らなければ借入れできないため注意が必要です。

専業主婦専用カードローン
参考サイトタイトル:かんたんWEBで申し込み完結!専業主婦でも借りられるカードローン特集!!
サイトURL:http://www.syufeel.com/lp/cardloan01.html
年収に関係なく借りることができるキャッシング会社はこちらで紹介されています。
専業主婦が利用できる金融機関を知ることができるので、急な出費でお金がないときに役立ちます。